【2020年最新】愛用歴10年の筆者が教えるおすすめアケコン選びのススメ

共に戦い抜く相棒アケコン

どうも、ゲーム大好き一般男性のまことです。
今回はアケコン選びに悩んでいるあなたにアケコン愛用歴10年の筆者が
アケコンの選び方とおすすめのアケコンを紹介していきます。

 

初めてアケコン購入したいけど失敗したくないですよね。

 

筆者も過去同じ気持ちで、初めてのアケコンを学生の時に購入しました。
お金も無かったので慎重に検討したのをよく覚えています。
理由はもちろん失敗したく無いからです。

 

ゲーセンと同じ感覚でプレイがしたいけどアケコンってピンキリでよくわからない…
安すぎて反応悪かったり、すぐ壊れたりしたら困るけど
めちゃくちゃ高性能な奴が欲しい訳じゃない…
普通に、無難にプレイするならどれにすればいいんだろうと考えていました。

 

この記事を今読んでいるあなたも同じ想いでいることでしょう。
そんな疑問を解決するためにこの記事では
「アケコンの選び方」「メジャーなブランド」「どれが一番無難か」
といった章立てになっています。

 

先にどのアケコンが一番無難かという結論を書いておきます。
HORIのRAPシリーズが最適解です。

失敗しないアケコンの選び方

アケコンを選ぶのに失敗は避けたい。

そのためにはどういう観点でアケコンを選択するかというのが重要になってきます。

最低でもここさえ押さえておけば大丈夫というポイントを3つきちんと確認しておきましょう。

 

対応ハードによって選ぶ

まずは対応ハードの確認をしましょう。

せっかくアケコンを買ってPS4でゲームしようと思ってたのに

PS3しか対応してない…なんて事になったら大惨事です。

 

ハードの確認は最重要項目なので必ず行うようにしましょう。

今のアケコンは基本的にUSB端子なのでPCにも接続出来ます。

使用できるかどうかは対応OSをチェックしましょう。

 

またハード毎に特殊なボタンがどの様に割り当てられるかというのも

確認しておくと、より安全です。PS4のタッチパネルなどが良い例ですね。

 

静音設計によって選ぶ

静音設計がされているかどうかというのも重要です。

完全に周りに気を使わずにゲームをプレイできる環境の方は考慮する必要は有りません。

しかし、そういう方は少ないかと思います。

 

同居人への配慮をするのであれば、静音設計されている方がストレスが少なくなるはずです。

(やれるだけのことはやっているよ!という言い分にもなります)

静音設計がされていてもうるさいことはうるさいですが

静音設計がされていないものに比べるとその差は歴然です。

 

価格によって選ぶ

やはり最終的にはここですよね。

本記事では一番無難なというところに重点を置いているため

価格は15000〜25000円くらいの物をおすすめします。

 

筆者は昔に5000円のアケコンを使っていました。

操作性には問題はなかったのですが半年程で壊れてしまいました。

 

最初はそんなものなのかなと思っていましたが

それ以降試しにRAPシリーズを使用し始めてからは壊れるまでは2年くらい持ってくれます

 

筆者は入力が綺麗にできる方ではなく、力が入りすぎてしまう癖があるので

力まずにプレイできる方ならもっと長持ちするのではないでしょうか。

 

操作性についてはもちろん快適なのでRAPシリーズを世代を変えて愛用し続けています。

オススメとなるメジャーなブランド

HORI(ホリ)

ゲームの周辺機器といえばHORIでしょう。

ハードのコントローラーを買い足したりする時に純正じゃない安いPADを買ったりして

知らない内にお世話になっている方も多いのではないでしょうか。

 

このブランドこそ筆者の一押しであるRAP(リアルアーケードプロ)シリーズです。

価格はお手頃であり、性能は文句なし。

アーケードコントローラーの選択の中で最もスタンダードだと太鼓判を押せます。

 

短所をあげるとすれば特徴が無いのが特徴といった感じでしょうか

(ジムカスタム量産体みたいな説明してますが本当です)

 

デザイン性を強く求めるのであれば、後述するRazerをおすすめします。

HORIではRAPシリーズ以外にも選択肢が広くあり、低価格(5000円程)が魅力アケコンや

競技シーンを想定したハイエンドモデルもあります。

 

様々なゲーマーに合わせたアケコンが選択できるのが魅力です。

無難を求めるなら、まずはこのブランドで調べてみてください。

 

いま一番スタンダードなモデル

静音設計モデル

Razer(レイザー)

RazerといえばゲーミングPCを想像する方も多いのではないでしょうか?

そんなRazerのアケコンの売りはカスタマイズ性の高さと言えるでしょう。

ボタンやレバーはもちろん天板のカスタマイズも可能になっています。

 

独自のデザインでお気に入りのアケコンを使っていくのも気分が上がって楽しいですし

故障した時に交換用のパーツさえ購入すれば

自分で気軽にメンテナンスできるというのも見逃せないポイントです。

 

スタイリッシュなデザインとカスタマイズ性は随一ですね!

見た目を重視するのであればこのブランドがおすすめです。

 

操作性についても当然良好ですが

価格が高くまとまっているのがネックでしょうか。

しかし長く使っていけるので価格分の価値は十分にあると言えるでしょう。

Qanba(クァンバ)

さてここにきて聞き慣れないブランドQanbaの紹介です。

このブランドは中国のメーカーになっています。

 

売りは他にないクールでストイックなデザインと

プロゲーマーの採用実績によるネームバリューになります。

 

デザインについてはObsidianを例に見てみると

Obsidian(黒曜石)の名前に違わずどっしりと重厚感のあるデザインになっています。

 

またプロゲーマーのときど選手がEVOJapanで使用していたというのは

他にないネームバリューだと言えるでしょう。

 

デザインと相まってストイックなときど選手にぴったりですね笑。

操作性についてはプロゲーマーが選ぶ品質ということで説明は不要でしょう。

Obsidian

Drone(廉価版)こちらもおすすめ!

なぜRAPが一番無難なのか

ここまででRAPシリーズが一番無難だと伝えてきた理由ですが以下がポイントになっています。
  • 性能が高水準
  • 価格がちょうど良い(安すぎず高すぎない)
  • 静音設計がされている物も用意されている

 

初めてアケコンの購入を検討されているのであれば
安定した高水準な性能と価格帯のちょうど良さというのは
安心材料として重要だと思います。

私がおすすめする理由は以上になります。

最後に判断するのはあなたですので、
ここまでのポイントを踏まえて納得のいくアケコンを是非選んでみてください。

最後にまとめとして本記事の情報を集約します。

 

まとめ

 

アケコン選び方のポイント
  • 遊びたいハード(OS)に対応しているか確認する
  • 出来れば静音設計されているものの方が良い
  • 価格帯は15000〜25000円ほどの物がおすすめ

 

メジャーなブランドと特徴
  • HORI・・・安定した性能と幅広い価格帯
  • Razer・・・デザイン性とカスタム性は随一だが高価
  • Qanba・・・プロに採用される品質とクールなデザイン

 

RAPをおすすめする理由
  • 性能が高水準である
  • 価格がちょうど良い(安すぎず、高すぎない)
  • 静音設計がされている物も用意されている

 

今回の記事の情報を押さえておけばアケコン選びで失敗することはなくなります。
あなたが選んだアケコンはきっとプレイするゲームの勝利に貢献してくれるはずです。
是非自分にあったアケコンでストレスの少ない対戦を楽しんでください!
では今回はこの辺で。